注目

整体で実現される坐骨神経痛の緩和

坐骨神経痛の症状を緩和させることを、整体で実現させている人は多数存在するとされています。

坐骨神経の周辺に存在する筋肉の硬直や凝りによって神経痛の発生することが多いと考えられているものの、整体でその筋肉をほぐすことが実現されるため、坐骨神経痛が緩和される人が多く見受けられています。

こうした方法で症状を小さくすることは、合理的で体に対しても適したものであると認識されています。整体で実際に坐骨神経痛を改善している人が多くなり続ける背景には、適切な対処法であるという点が大きく絡んでいると言えるのではないでしょうか。
坐骨神経の痛みは、日常生活に支障をきたすことが多いと考えられています。

そのため、整体でこのような症状や悩みを根本的な部分から改善していくことによって、生活の質を著しく高めることにも繋がると考えられています。

慢性的な坐骨神経痛であっても、継続的に整体での施術を受けていくことによって、筋肉がほぐれていくことによって症状が消えていく可能性は十分に期待できるとみられています。

整体で坐骨神経の痛みを解決する人の存在は、これからも断続的に多く見受けられていくのではないかと、様々な方面において予測されています。

整体は肩こりに最適

肩こりは様々な病気の中でも特に日本人に多いとされているものであって悩む人は非常に悩みますしに、悩まない人は一生悩まないレベルで気にしないこともあります。

たかが肩こりと思うかもしれませんが吐き気を催したりすることもあるレベルで具合が悪くなることもあるんです。

そんな肩こりを改善してもらうことができるかもしれないのが、整体です。投薬とかでも肩こりは血行を良くしたりするということで治ることもあるのですが根本的に身体の歪み等によって起きている場合は整体で直してもらうというのが一番良かったりします。整体に対するイメージの多くとして痛いというのがあるでしょう。

整体では実際歪んでいる部分を元に戻すということになるので強く揉む、動かす、ということが多いですから、こればっかりはある意味で仕方ないことではありますが、そもそも整体の施術的なことはそうした側面が絶対出てきてしまうわけですから痛みが問題なのではなく聴くかどうかという事の方が重要でしょう。

整体はやはり肩こりには最適です。

ありがたい整体の施術の進め方

整体だけではなく様々な治療や診療で気になるのはどれだけの期間診療を受けるかと言うことです。

特に整体に関しては手術などを施すわけではないのでどれだけの期間、整体の先生のアドバイスを受けながら場合によっては自宅で柔軟や体操などをこなしながら共生していくかをポイントにしていくことになります。

ですから実際に自分自身の症状を問診をしながら聞いていただき、先生の手で体を確認してもらった上でどの程度通うべきなのか、整体の先生の判断を仰ぎたいというのが正直なところです。

特に忙しいビジネスマンであれば、長期間通うことが難しいので、整体の通院だけではなく、合間合間の自宅での対応や定期的なチェックによって対応できれば良いというのが正直なところです。

ですから実際に施術を行う前にいわゆるインフォームド・コンセントではありませんが問診を行いどの程度の期間通うかどうかと言うところもしっかり整体の先生と意識を合わせておきたいところです。

必要性が増す整体!

整体の重要性については、取り立てて説明するまでもないでしょう。

ありとあらゆる身体の不調や違和感などについて、その症状を把握することはもとより、症状の改善や痛みの緩和などに向けた施術を行います。

仕事や勉強、育児など何かと忙しい現代人にとって、なくてはならない存在といえるのではないでしょうか。

実際に整体を受けるために整体院や整体施設などを訪れる人は増加しています。特筆すべきはその年齢であり、シニア世代はもとより、中高年や若手にも広がりを見せています。

加齢に伴う筋力の低下がみられるシニアのみならず、まだまだ若いサラリーマンなどが整体を必要とするのはなぜなのでしょうか。

整体師に求められるのは、ただ単に手技やマッサージを駆使して、身体を治すだけでなく、根本的治癒に努める必要があります。


首都圏の駅前や繁華街などには、整体やマッサージなどを提供する施設や整体院などが多数あります。それだけニーズが拡大していることを物語っています。

混同されがちな整体と整骨

よく誤解されることの多い施術に「整体」と「整骨」があります。整体は整体の資格を取得した人が行う施術で、整骨は柔道整復師の資格を取得した人が行う施術のことです。

柔道整復師は医療行為を行える国家資格取得者であり、その施術は医療行為に該当します。一方、整体師はあくまでも民間資格である整体の技術を学んだ人のことです。

そして、整体とは文字通り身体を整えることです。整体の施術の目的は主に身体のバランスの修正によって痛みを解消することであり、また骨格を矯正することで血流の改善を図ります。例えば、悪い姿勢を長い年月に渡って継続したことで骨がズレ、それが痛みを引き起こす原因になります。その骨のズレが血管を圧迫して血流を悪化させ、身体全体の不調を招きます。

なお、近年はカイロプラクティックという施術がよく聞かれるようになりましたが、カイロプラクティックも整体と同様医療ではありません。実は、整体とカイロプラクティックの施術方法に根本的な違いはありません。整体のルーツが中国で、カイロプラクティックがアメリカということ以外、明確な違いの無いのが実態です。

肩こり腰痛に悩まされているなら整体を受けてみよう

肩こり腰痛は、普通の怪我などとは違ってただ生活しているだけでも発生する可能性があり、一度なってしまうと自然治癒も期待できない面倒なものです。慢性的な痛みに悩まされているのであれば、整体に通ってみてはいかがでしょうか。

整体というと人によってはマッサージなどのイメージをしている方もいるのですが、実際には骨盤や背骨を整え、骨のズレなどを矯正して体のバランスを整えるというものです。その中には筋肉のコリや疲労をほぐすというのもあって、その手法となるのがマッサージです。肩こりや腰痛といった症状の多くは日々の生活で体のバランスに歪みが起きていることが原因となりますので、体のバランスを整える整体はその解消に適しているというわけです。

整体を受けるには整骨院や整体院といった場所に行くとか、最近では出張整体師という方もいて、自宅まで施術に来てくれる方もいます。それらを利用すれば自宅に居ながらでも整体を受けられますのでぜひ利用してみましょう。

いろんな目的で整体に行くこと

整体ではいくつも対処できるタイプの症状がありますが、なかなか保険適用されないことがあります。

しかし、整体でも絶対に保険が適用されないというわけではなく特定の条件とかがしっかりとクリアされているのであれば整体でも健康保険が適用されるようになっています。

例えばに配られとか打撲、捻挫、医師の同意が必要になることではありますが、脱臼、骨折などに関する施術でもしっかりと保険が適用されることがあります。

神経痛やリウマチ五十肩とか腰痛症及び様々な慢性的な症状に対して医療上マッサージ等が必要となる症例に該当した場合とかになるわけですが自己判断というよりは医師の勧めによって行われるということがこの場合は多いです。

整体では割と目的が人によつて大きく違いが出てきます。要するに何となく具合が悪いとかで整体に行く場合は、ほぼ自己負担となることでしょう。

それでも健康になる、健康促進を目的に整体に行くこともよいことが多いです。

長年の悩みが整体で解消!

スマートフォンが普及し始め、首こり肩こりなど現代病といわれる症状が多くの人に出始めていると聞きます。

スマートフォンだけではなく、パソコンを使う仕事をしている方にもこのような症状が多く見られるそうです。私もそのうちの一人で、パソコンを使う仕事を10年以上続けています。

そのため姿勢の悪さや首こり肩こり が目立ち始め、とうとう耳鳴りがするようになりました。初めは精神的なものかと思いましたが、精神科や、耳鼻科などにかかっても特に異常はなく、 医者からのアドバイスは「姿勢を良くする事」のみで、特に整体を勧められる事もありませんでした。

それから姿勢を正す事を気をつけていましたが、首こり肩こりは治らず、耳鳴りは酷くなる一方でした。異常がないと言われたからには特に再度耳鼻科を受診しようとは思いませんでしたが、インターネットで姿勢のことを調べると、「整体」と言うキーワードが出てきました。

そこから整体に興味をもち、藁をもすがる思いで整体を試してみることにしました。バキバキする施術が苦手だったため、首の骨という事もあり、少し緊張していましたが、終わる頃には首こりは消えていて、耳鳴りも小さくなった気がしました。

病院では治せない治療でこんなにも長年の辛い症状が整体によって楽になることを知っていたら、もう少し早めに受診すればよかったと思うほど楽になりました。これからは定期的に整体で身体のメンテナンスをしてもらおうと思っています。

肩こりからくる頭痛にも整体は効く!

私は万年、肩こり頭痛に悩まされていました。骨盤矯正、電気マッサージなど整体ジプシーをすること10年。

やっと理想の整骨院を見つけました。

そちらの整骨院は整体と鍼がセットになっていました。

整体があってこその鍼。鍼があってこその整体という絶妙なコンビネーション。鍼灸師の先生から、私は仕事柄デスクワークが多いため首筋からの肩のコリがひどく、それが頭痛にもつながっているとのことでした。

その酷いコリはリラックス効果も期待できる整体によって緊張によってこわばる筋肉のクセも改善できるとのこと。

整体と鍼によってしびれるような肩の痛みとコンクリートのような首の硬さが改善されました。しめつけられるような頭痛も徐々に回復していきました。

オフィスワークの職場の同僚に聞くとみんなそれぞれ身体の痛みを抱えて、整体に通っていました。そして口を揃えていいます。整体は仕事への投資です。

だからお気に入りの整体は欠かせません。

整体に通う頻度と回数

整体を一度受けただけでも体の変化を感じられることがありますが、しっかりと実感をするためには何度か通う必要があります。では、どれくらいの頻度で何回ほど整体に通うとよいのでしょうか。
施術一回目では少し体の状態がよくなっても、数日で元の状態に戻ってしまいます。体には恒常性が備わっていて、元の状態に戻ろうとするのです。
整体を受ける間隔が長くなってしまうと体がもとに戻るので、あまり間隔を開けずに整体に通ってもらうようにしている整体院もあります。
何度か通っていると次第に調子がよい状態を維持できるようになってきます。そのために必要な回数は、これまでの体の状態や生活習慣などによって変わります。
1~4回目の整体は、1週間に1~2回通うことを目安にし、5回目からは様子を見ながら2週間に1回、3週間に1回と整体に通う間隔を開けていくような通い方を勧めている整体院もあります。
人によって体の状態は違うので、整体師とよく話し合って通い方を決めていきましょう。

リンパマッサージを受ける

私は以前、エステを利用してリンパマッサージをしてもらったことがあります。
エステに通うまで、リンパマッサージという名前も聞いたことがありませんでした。

私は特に脚がむくみやすかったのですが、その原因がリンパの流れが滞ることだったことを初めて知りました。
リンパマッサージをするようになってから、セルフケアでも同じようにマッサージをするようになり、以前よりも脚のむくみで悩まなくて済むようになりました。

マッサージの種類はいろいろあると思いますが、どれも基本的には体内の流れを良くしていくもののような気がしました。
体内の流れが滞ってしまうと、さまざまな不快な症状が出てしまいます。

なので、マッサージと同様に体を動かすことが、健康のためにもとても重要なのだということが分かりました。
私はエステを利用していた時は、体を動かす仕事をしていましたが、セルフケアでのマッサージが上手くいかずに脚がむくみやすくなっていたようです。

自分で行うマッサージだと限界もあるので、たまにはプロにやってもらうのも良いと思いました。