混同されがちな整体と整骨

よく誤解されることの多い施術に「整体」と「整骨」があります。整体は整体の資格を取得した人が行う施術で、整骨は柔道整復師の資格を取得した人が行う施術のことです。

柔道整復師は医療行為を行える国家資格取得者であり、その施術は医療行為に該当します。一方、整体師はあくまでも民間資格である整体の技術を学んだ人のことです。

そして、整体とは文字通り身体を整えることです。整体の施術の目的は主に身体のバランスの修正によって痛みを解消することであり、また骨格を矯正することで血流の改善を図ります。例えば、悪い姿勢を長い年月に渡って継続したことで骨がズレ、それが痛みを引き起こす原因になります。その骨のズレが血管を圧迫して血流を悪化させ、身体全体の不調を招きます。

なお、近年はカイロプラクティックという施術がよく聞かれるようになりましたが、カイロプラクティックも整体と同様医療ではありません。実は、整体とカイロプラクティックの施術方法に根本的な違いはありません。整体のルーツが中国で、カイロプラクティックがアメリカということ以外、明確な違いの無いのが実態です。