整体をして体の歪みを改善する

座り方など日ごろの姿勢が悪かったり、歳をとってきますとどうしても体が歪んでしまう事も珍しくないです。
体の歪んだ状態を改善できなければどんどんひどくなってきて、将来的に生活するのが大変になるので早めに改善していく必要があります。自分自身ではなかなか改善するのは難しいですので、整体を行って改善します。整体医院に行けば整体治療を行う事ができますので、まずは専門の医院を探す必要があります。
整体医院でしっかりと先生の指示の元、治療していけばうまく体の歪みが治っていき改善して生活が楽になる可能性があるので、お勧めの改善方法です。ただ、体の歪みがひどくなってからだといくら整体治療でも改善しきれない可能性があるので、なるべく体が歪んできたと感じたら整体治療を行う事を検討します。
自分自身では、体が歪んできてもあまり分からない可能性があるので、友達や家族に自分の体が歪んでいないのかをみてもらうのがお勧めです。
知らない間に体が歪んでしまって悪化してしまう事も珍しくないので、他の人にチェックしてもらう事は大事です。
整体治療をする場合は、早い段階で行えるかがポイントになるので体の歪みへの意識を高めてあまり歪んでいない状態で整体治療などを行っていきます。”

体を整体で調整する

どうして人よりも肩が凝ったり、疲れやすかったり、体調が優れないという症状が起きるのだろうかと思ったことはないでしょうか。いろいろな原因があるとはいえ、それはもしかしたら体の歪みが原因しているのかもしれません。そのような時には整体に通ってその歪みを直していくことができますし、それをしないと、いつまでも調子の出ない状態が続いてしまう可能性があります。整体はとっても気持ちが良くて、体がすっきりするだけではなく、体が軽くなったように感じて、明るい気持ちになれます。整体によって体のいろいろなパーツが正しい位置にリセットされるように感じて爽やかな思いにもなれることでしょう。そのような整体ですが、整体にもいろいろなコースがあるし、骨盤矯正をしてくれるお店やサロンもありますので、まずは先生に診てもらい、どのような整体方法がいいのか話し合うことができるでしょう。そして整体をすると姿勢がよくなるので、女性はきれいに見えるようになるし、姿勢がいいと、その他の体の部分にも良い益が及びます。それで体の不調が続いている人は、食べ物で改善をしたり、睡眠をしっかり取るのも良いのですが、それに加えてこの整体で体を調整していくことができます。

整体で猫背とカラダの不調を解消!

私は小さい頃から姿勢が悪く猫背でした。20代後半からは姿勢の悪さとパソコンに向かいっぱなしの仕事で、ひどい肩こりにも悩まされるように。
もみほぐしなどにも通いましたが、ある時、姿勢の悪さが根本的に悪いのではと思いつき、それからは整体に通い続けています。
整体というと痛そうとかバキバキ骨を鳴らすイメージがあると思いますが、必ずしもそうではありません。ただ、痛いくらいの方が効いているような気はして、整体師さんに「痛かったら言ってくださいね」と言われても、ついガマンしちゃいます。
整体では、辛いコリをとりつつ猫背もしゃんと伸びて、骨盤のずれやカラダの歪みを整えてくれます。それまで滞っていた血流がぐんぐん流れ出すような感じで、カラダが軽くなります。一度体感すると、もう整体なしの生活には戻れなくなりました。
妊娠中や産後の辛いカラダも、整体に助けてもらいました。(妊娠中は押してはいけないツボなどもあるそうなので、必ず妊娠中ということは伝えてください)
長年の姿勢の悪さも、整体に通うことで日々意識するようになり「姿勢がいいね」と言われることが増えました。不調や姿勢、歪みが気になる方は「整体」オススメですよ。”

 

整体のボキボキが苦手

整体は、身体のゆがみを改善することを目的とした手技療法の一種です。整骨院と名前が類似しているために混同されがちですが、両者には明確な差異があります。その最も大きなポイントは、整骨院で勤務している柔道整復師は国が定めた教育機関があり資格制度が完備されているのに対して、整体にはそのような組織は存在しないということです。このために、業務として施術を実施するうえで資格の有無は条件ではありません。

ちなみに、整体では上半身と下半身とをつないでいる骨盤という部分を重視しており、これを整える骨盤矯正は代表的な施術として知られています。骨盤は、周囲には筋肉とじん帯だけで支えられているために元々ゆがみが生じやすい部分で、偏った態勢で負担を受けるようになります。これを骨盤矯正により改善することで、ゆがみが原因の痛みや不調が根本的に解消されることになります。

なお、骨盤矯正の具体的なやり方は、横向けに寝た状態から腰部を捻転させるというものです。この時に、ボキボキという音がなる場合もありますが、これはじん帯がこすれる音で痛みはほとんどありません。また、現在の整体の中には、ボキボキという音が苦手だという人に配慮して、音を鳴らさない施術を行っているところも増えています。音が苦手だという人はこれらの施設で治療を受けるのが適当です。

整体後の好転反応とは

整体の施術を受けてすっきりとしたのもつかの間、施術後に好転反応が起こることもあります。一時的に体調が乱れるような感覚を覚えますが、これは全てよくなるための変化です。何も知らないと心には不安も出てきますが、よくなるための一時的なものと知っておくことで、施術後にも無駄に不安を煽ることはなくなります。

ストレスの多い日々を過ごすと、筋肉の拘縮下状態が続きますし、姿勢の悪さは骨盤のゆがみになる引き金の要因です。体内ではリンパの流れや、血液のめぐりも順調ではなくなり、神経の圧迫も手伝って、体調の回復力は低下をします。更に体内では悪循環になるので、免疫力も下がる原因です。

疲れを回復させようとして睡眠をとるものの、眠っても疲労感がスッキリとしないまま、もっと体内に疲労が蓄積をします。疲れがたまったまままで行動を起こすと、今度は昼間活躍をする交感神経が常に優位になります。夜までこの状態では緊張感は持続をして、リラックスをすることはできません。

そこで整体を受けて体のコリも疲労もリセットしようとしますが、適度な刺激を受けることで今度は、体が良い反応を示します。不調のアンバランスな状態から、正常なバランスに戻ろうとするときに、一時的に好転反応が起こります。好転反応が起きた時には、体を温めて質のよい睡眠をとることです。

整体で治そう身体の悩み

肩こりや腰痛等、体の不調を改善したいと考えた場合に有効な方法が、整体に通う事です。

整体とは、関節を正しい位置に矯正する事、凝り固まった筋肉を手技によってほぐしていく事で、本来の状態へと戻していく治療法の事です。
整体といえば、痛いのではないかと不安に感じてしまう人は少なくありませんが、痛くない手技を行うところもあります。
ですから、痛みに対して不安がある人の場合、痛くない手技を行うところを選ぶ事が有効です。
痛みがないという事は、効果も期待できないのではないかと考える人もいますが、痛みがないからといって効果がないという訳ではありません。
そんな整体の施術は、1回で治るものというイメージを持つ人は少なくありません。
施術を受ければ、それによって痛みが緩和する事になりますが、それは一時的なものです。
しっかりと治したいと考えるのであれば、施術を受けた後に、再発をしないかどうか様子を見ておく事が大切です。
症状が再発するようであれば、複数回の施術を考えておく事が有効です。
それによって、原因にしっかりと働きかけ、体の悩みを解消していく事が出来るようになります。
体の悩みがあるのであれば、整体に通う事がおすすめです。

https://matome.naver.jp/odai/2142042379881872901

自宅で出来る肩こり解消法!

簡単!自分できる肩こり解消法

現代病ともいえる肩こりですが、放っておくといろんな弊害がでてきます。その症状は多岐にわたり、頭痛・吐き気・めまい・痺れなど様々です。

肩こりが酷いと、どうせ何をしても・・・と諦めてしまいがちですが、諦めるのはまだ早いです。

簡単に実践できる肩こり解消法をご紹介しますので、ぜひ実践してみてください。

肩こりになる人の多くは、肩甲骨周りの筋肉が硬くなってくることが多いそうです。なので、肩甲骨周りをほぐす(ゆるめて)あげることが肩こりに効果的なのです。

そこで、今日はおすすめの「肩甲骨はがし」のストレッチのご紹介!

その名の通り、凝り固まった肩甲骨をはがすようにほぐします!

●猫のポーズ

1.四つん這いになる

※両手・両足は肩幅くらいで

2.そのままグーッと天井側にお尻を突き出すように、

斜め後ろにお尻を引いていきます

3.自然と上半身(胸付近)が床に近づきます

※猫が伸びをしている状態をイメージしてください

 ●猫ねじりのポーズ

1.四つん這いになる

※両手両足は肩幅くらいで

2.右手を左手の下にくぐらせるように持っていく

3.右肩・右のこめかみ・腕全体を床につける

※胴体に対して腕の角度は90度になるように

4.左手は真っ直ぐ前に伸ばしましょう

●タオルを使って肩甲骨はがし

1.タオルを両手で引っ張るように背中側で持つ

2.その手を上下させる

※10回程度行いましょう

そして、最近もっとも増えているのが長時間のスマホ・PC使用によるストレートネック!

肩こり・首こりの原因になります。

知らず知らずのうちに、顔が前に傾いているのです。頭は、約5kg~10kgあるといわれボーリングの球がのっているようなもの。そんな重いものを前に倒した状態で支えている首・・・。悲鳴しか聞こえませんね。ですが、ストレートネックも改善していけます!

その簡単な方法はこちら!

ストレートネックによる肩こり・首こり 解消法 その1

1. 右腕を前に、左腕を後ろに回す→1分間
2. 左右逆にして、回す→1分間

その2

1. 座った状態で、体の後ろに手を伸ばし両手を組む
2. 胸を突き出すようにして、伸ばす(5秒ほど)
3. この動作を3回行う

その3

1. 首を、前・後ろ・左右それぞれに倒して伸ばす(3~5秒ほど)

デスクワーク中など、30~1時間に一度動かしてあげると違いますよ。そして、スマホ・PC操作時にできるだけ頭を前に倒さないように意識することもストレートネック改善には欠かせません。

いろんな解消法がある中で、自分が実践しやすいものを選んで毎日継続的に実践すると良いと思います。肩こりが酷いと、ストレッチしたからといって、すぐに劇的に改善することはありません。ですが、継続していくことで効果はあらわれます。肩こりによる不快な症状から解放されるためにも、実践してみてください。

つらい腰痛を改善!予防法と対策!

つらい腰痛を改善!予防法と対策を解説します

腰痛の辛さは、経験した人にしかわかりませんよね。何をしていても、どの体勢をしていても痛い時があります。この辛さを少しでも改善していきたい。腰痛に悩む人のこの思いは切実です。

一言に腰痛といっても、いろんな原因があります。中には、内臓の病気が関係していることもありますので、明らかな異常を感じた場合には、医療機関の受診もしてくださいね。

ここでは、簡単にできる腰痛対策についてご紹介します。

腰痛の原因の中でも、大腰筋が凝り固まることで起こる腰痛があります。その大腰筋をゆるめる体操がありますので、ご紹介しますね。

●大腰筋をゆるめるストレッチ

その1

1. うつ伏せに寝転びます
2. 肩くらいの位置で手を付き、肘を伸ばして上半身を起こす

※この時、腰を反らすことによって大腰筋がゆるみます

3. その体勢で10秒静止

これを3セット行いましょう。

※上半身を起こす時は、急激に負担が掛からないようにゆっくり起こしましょう

●その2

1.仰向けに寝て、片方の膝を立てます

2.立てた方の膝を両手で掴み、胸に引き付ける

※頭・背中が浮かないように注意

その3

1. 床に座ります
2. 片足は前に伸ばし、もう片方は膝を曲げてお尻の横に沿うようにします
3. 手は後方につき、上半身を支えます
4. 上半身を後ろに倒せそうなら、膝が浮いてしまわないように注意して

ゆっくり倒しましょう

※痛みを我慢して、無理をしてはいけません

●腰痛の時の寝方についての注意点

腰痛に良い寝方など、いろいろ紹介されていますが、

もしその姿勢で痛い場合は、自分にとって楽な姿勢を探しましょう。

いくら腰痛に良いといわれていても、自分の腰痛に合ってないこともあります。負担の掛からない寝方を探して、楽な姿勢で寝るのが一番です。

いかがだったでしょうか?

腰痛持ちで猫背という方は、このストレッチで大腰筋がゆるめられて改善に繋がるかもしれません。腰痛を治そうと、筋トレに励んでしまう方もいますが無理な筋トレが反って腰痛を悪化させることもあります。無理せず、まずはストレッチや姿勢改善に努めましょう。大腰筋は、正しい姿勢を保つためにも重要な筋肉ですので、ぜひ実践してみてください。ストレッチも筋トレと同じで、無理をしてはいけません。痛みを我慢して、無理に伸ばすことは更なる悪化に繋がることになります。

 

手足の冷え改善、予防方法!

手足の冷えにさよなら!冷え症を改善しよう!

冷え性で手足が氷のように冷たい・・・。特に女性は、ひどい冷え性に悩まされてる人も多いです。ひどい冷え性になると、一度冷えたらなかなか温まらず、冬場は布団にはいっても何時間も冷えたままで眠れなかったりします。また、季節を問わず一年中冷えに悩む人も多いのです。

体感温度が人と違うため、1人寒くてぶるぶる震えることも・・・。
そんなつらい冷え性ですが、改善方法はあります。諦めず少しずつ改善していきましょう。
今回は、主に足の冷えに対する改善法をご紹介したいと思います。

おすすめの冷え症改善対策

●足首回し

1.足を反対の足の膝にのせ、手の指と足の指で手を組む
2.ぐるぐる回すだけ(15回程度・反対回しも)
3.反対の足も同じように回す
●足の指回し

1.親指から順に、足の指を1本ずつ指でつまむ
2.ぐるぐる回す
3. 反対の足の指も同じように回す
●足指ストレッチ

1.足指を手で覆うように、折り曲げる(5秒間)
2.パっと手を離し、
足の指をしっかり広げてパーの状態にする(5秒間)
3.5セットずつ行う
●ぶらぶら運動

1.椅子に座る
2.手足の力を抜いて、だらっと脱力した状態にする
3.手足をぶらぶらと揺する
●足首のストレッチ

1.椅子に座って、片足を反対の足の膝の上にのせる
2.足首を両手でグッと体側に曲げる(20秒ほど)
3.パッと離す
4.左右同じようにする

冷え性の人が寝る時に注意する点

末端冷え性で、足の冷えがひどいと靴下を履いて寝る人も多いですよね。ですが、その時には、ゴムのゆるいものにしておきましょう。靴下のゴムによって、血流を妨げる可能性があります。
※靴下の素材はシルクがおすすめ!
また、足は冷えるけど足汗をかきやすい人は靴下を履いていることによって、汗をかいてしまいその汗によってさらに冷えてしまいます。
そういう方は、履かない・少ししたら脱ぐようにしましょう。足汗をかきやすい人でなくても、少し温まってきたら脱いだほうが良いと思います。寝ている間に汗をかいて、冷えてしまうこともあります。
主に、足の冷えの対策をご紹介しましたがいかがでしたか?
冷え性対策は、様々なものがありますが簡単かつ継続しやすい体操・ストレッチなので、ぜひ実践してください。規則正しい生活も、体質改善に繋がりますので意識してみましょう。
足指・足首を日常的に動かし、柔軟性を高めて冷え性改善に繋げていきたいですね。

便秘解消効果が期待できる食べ物とポイント!

便秘解消効果が期待できる食べ物とポイント!

便秘は、様々な体調不良を引き起こす油断できない症状。
便秘だけでもつらいのに、頭痛や吐き気の症状を伴う人も多いです。
排出できない毒素が、血液を介して体中にまわってしまうことで不調をきたすとも言われています。便秘は、百害あって一利なしです。
多くの人が悩む便秘、沢山の対策方法がありますよね。
便秘に悩む人は、あれこれ試したことがあるのではないでしょうか?
それでもなかなか改善しないという方の為に、便秘解消をしていくうえで基本ともなる食べ物について、お話したいと思います。

≪便秘解消効果のある食べ物・ポイント≫

●水分摂取
便秘になると、便が硬くなりやすいです。
意識的に水分を摂取しましょう。
水分摂取は、1日2Lを目標に!

よくいわれる、寝起きのコップ1杯の水!
⇒腸が刺激されて、ぜんどう運動が活発になります

すぐに効果が現れなくても、諦めず実践しましょう。

●食物繊維の摂取

食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があります。
文字通り、水に溶ける食物繊維と溶けない食物繊維です。
・水溶性食物繊の特徴
果物・野菜、海藻類に多く含まれる
腸内で溶けるとゲル状にドロっとするのですが、この粘性が便を柔らかくしてくれます。
・不溶性食物繊維の特徴
穀物・根菜類、繊維質の多い野菜に多く含まれる
水分を吸収することで膨らみ、便のかさを増やす→腸を刺激
排出時には、老廃物も一緒に排出してくれます。
≪不溶性食物繊維の摂取 注意点≫
便秘状態のところに、多く摂取してしまうと便がさらに硬くなって便秘が悪化するといった悪循環が起こる場合があります。
便が硬めの人は、注意しましょう。
●食物繊維は2種類のバランスが大切!
水溶性食物繊維 1:不溶性食物繊維 2

このバランスが理想的といわれています。

理想的な1日の食物繊維摂取量(24g)に当ててみると、
水溶性食物繊維8g、不溶性食物繊維16gが理想的ということになります。

≪食物繊維のバランスでみる おすすめの食べ物≫

玄米・茹でたそば・ごぼう・にんじん・アボカド・キウイ・プルーン・納豆
●オリーブオイルでスムーズな排便に
特に、便が硬くてなかなか排出できないという方!
オリーブオイルを摂取してみてください。
オレイン酸により、腸管を刺激・ぜんどう運動を促してくれます。
さらに便の通りを良くする、潤滑油の役割も果たしてくれるのです。
※成人1日当たりの摂取目安:1日大さじ1~2

朝は朝食時に食事と一緒に、夜は寝る前が効果的な摂取のタイミングです。
便秘改善効果のある食べ物について、ご紹介しましたがいかがでしたか。
知っている内容もあると思いますが、この基本は守れていますか?おすすめの食べ物は比較的摂取しやすいものから、選んでいます。

日常生活の中で、実践していけることでもあるので意識して摂取するようにしてみてくださいね。