3つの足のむくみ改善法

放っておくと本当に太くなる?!脚のむくみケアおすすめ3選

夕方になると、パンパンに浮腫んでしまいまるで別人のような脚になってしまう・・・。脚がだるくて辛い。そんな悩みを抱えた女性は、とても多いですよね。

とはいえ、夜寝ると朝にはむくみが取れてスッキリという人はケアをせず放置しているのでは?

そんな人も、放っておいてはいけません!むくみの放置を続けていると、本当に脚が太くなってしまいます。

浮腫みを繰り返すうちに、さらに浮腫みやすくなり、セルライトの原因にもなり太くなっていく

です。ですので、むくみはできるだけ早く!その日のむくみ、その日のうちに!解消しましょう。

浮腫み(むくみ)とは?

脚に、余分な水分や老廃物が溜まってしまってい、うまく循環しない状態を指します。

脚がむくみやすいのは、心臓から遠く、下にあることで重力の影響を受けやすいことが原因といわれています。

脚のむくみケア おすすめ3選

簡単かつ継続しやすい【脚のむくみケア】をご紹介します。

※むくみケアは、一番血流が良くなる入浴後に行うと効果的

その1.リンパの流れを促す

心臓から遠い足先→太ももに向かって順番にやりましょう。

足指の間に、リンパのつぼがあるので、手の指を入れ、擦るように優しく刺激する

反対の足の膝に足をのせ、のせた足の足先を掴んで足首を回す

足首から膝に向けて、 両手で包むようにしてさすり上げる

膝から太もも、足の付け根に向けて、同じようにさすり上げる

そけい部にリンパ節があるので、手のひらでぐーっと抑えた後、外から内に流れを促すように撫でましょう。

その2.ストレッチをする

血流改善や循環を促すのに、有効です。

ふくらはぎ・アキレス腱を伸ばしたり、開脚をして足の付け根の柔軟性を高めると良いでしょう。

その3.脚を上げで循環を促す

壁に向かって近い位置に座り、上半身は床つけて寝転ぶ

脚を上に上げて、壁に立て掛けるようにする

5分程度そのまま。

重力の影響により、脚に溜まった余分な水分や老廃物を循環させます。

寝るときに、足下に枕やバスタオルなどを丸めたものを置いて、そこに脚をのせて寝るのも手軽で効果があります。

※長く続く、熱を持つような感じが続くむくみの場合、病気の可能性を否定できません。

早めに一度、医療機関を受診してください。

《まとめ》

いかがでしたか?マッサージやストレッチの継続が難しいと感じる人は、まずは足上げや寝るときの足の高さを上げてみてください。

その日のうちにむくみ解消することで、美脚への一歩となりますよ。

足のしびれの原因は?病気の可能性も?!

足のしびれ には、複数の原因が考えられます。心配しなくて良いしびれもありますが、中には足のしびれが大病のサインとして現れる場合もあるので注意が必要です。
今回は、そんな足のしびれの原因についてご紹介致します。

足のしびれの原因

《一過性の足のしびれ》
・血行不良
正座など、足に負担が掛かりすぎた場合や筋力低下、ストレス・ホルモンバランスの乱れも影響します。

冷え
筋肉が張ってしまい、痺れがでることがあります。

・姿勢
姿勢の悪さにより、神経を圧迫してしまいます。

・筋肉痛
筋肉疲労による、足のしびれ。

・神経圧迫
神経圧迫といっても、いろんな例がありますが長時間座っていたり、同じ姿勢をとった場合によるもの

《病気による足のしびれ》

腰椎椎間板ヘルニア
骨と骨の間で、クッションのような役割をする椎間板(軟骨)が、飛び出して、神経に当たることで、足に痛みやしびれが起きます。

・糖尿病
糖尿病による神経障害です。
糖尿病には、さまざまな合併症が見られますが神経障害は最初にでる合併症
といわれています。

・脚気(ビタミンB1欠乏症)
ビタミンB1が不足することで、足のむくみやしびれ、倦怠感といった症状が見られます。

・脳卒中
( 脳梗塞・脳梗塞・一過性脳虚血発作・くも膜下出血など)
脳の血管の詰まり、破れなどにより、脳の血流が悪くなったり、血液が行き渡らなくなります。

こんな症状がでたら脳卒中の危険性があります!
・言葉が出にくい(ろれつが回らない)
・片方の手足が動きにくい、動かない
・めまい
・吐き気や嘔吐
・意識障害

足のしびれの原因には、病気によるものも多く注意が必要です。特に脳卒中は、一刻を争いますので、特徴を覚えておきましょう。

病気以外の原因による足のしびれの対処法

・マッサージ
血流促進に繋がり、筋肉もほぐせます。
またリラックス効果もあるので、おすすめです。

・ぬるめのお湯に浸かる
ぬるめのお湯に、じっくり使って体の芯から温めましょう。
血流促進・リラックス効果が得られます。

・適度な運動
筋力低下も足のしびれの原因となりますので、筋トレなど適度に運動をして筋力をつけましょう。
※ハードな運動をする必要はありません

・規則正しい生活
副交感神経の働きを促進し、ストレスを軽減し自律神経を整えます。

・靴を脱ぐ
靴による圧迫は、思っている以上に血流を妨げますのでたまに脱いで足を圧迫から解放してあげましょう。

・定期的に足を動かす
デスクワークなどの場合、同じ姿勢で長時間いることで神経を圧迫してしまいますので定期的に立ち上がって足を動かすようにしましょう。
※できれば1時間に1回程度

 

≪まとめ≫

足のしびれについてご説明しましたが、いかがでしたか?病気が原因となっているしびれも多いので、長引く際や緊急性を感じた際には、医療機関を受診してください。椎間板ヘルニアに関しては、症状が酷い場合を除き、手術を用いない保存療法が多く用いられます。その場合、整体院での治療もおすすめです。温熱・マッサージ・物理療法・キネシオテープといった症状にあわせた治療が受けられます。その他病気以外の原因については、ご紹介した対処法を試してみてくださいね。実践しやすいと思うので、継続して行うようにしましょう。

整体で実現される坐骨神経痛の緩和

坐骨神経痛の症状を緩和させることを、整体で実現させている人は多数存在するとされています。

坐骨神経の周辺に存在する筋肉の硬直や凝りによって神経痛の発生することが多いと考えられているものの、整体でその筋肉をほぐすことが実現されるため、坐骨神経痛が緩和される人が多く見受けられています。

こうした方法で症状を小さくすることは、合理的で体に対しても適したものであると認識されています。整体で実際に坐骨神経痛を改善している人が多くなり続ける背景には、適切な対処法であるという点が大きく絡んでいると言えるのではないでしょうか。
坐骨神経の痛みは、日常生活に支障をきたすことが多いと考えられています。

そのため、整体でこのような症状や悩みを根本的な部分から改善していくことによって、生活の質を著しく高めることにも繋がると考えられています。

慢性的な坐骨神経痛であっても、継続的に整体での施術を受けていくことによって、筋肉がほぐれていくことによって症状が消えていく可能性は十分に期待できるとみられています。

八王子の整体

整体で坐骨神経の痛みを解決する人の存在は、これからも断続的に多く見受けられていくのではないかと、様々な方面において予測されています。