整体後の好転反応とは

整体の施術を受けてすっきりとしたのもつかの間、施術後に好転反応が起こることもあります。一時的に体調が乱れるような感覚を覚えますが、これは全てよくなるための変化です。何も知らないと心には不安も出てきますが、よくなるための一時的なものと知っておくことで、施術後にも無駄に不安を煽ることはなくなります。

ストレスの多い日々を過ごすと、筋肉の拘縮下状態が続きますし、姿勢の悪さは骨盤のゆがみになる引き金の要因です。体内ではリンパの流れや、血液のめぐりも順調ではなくなり、神経の圧迫も手伝って、体調の回復力は低下をします。更に体内では悪循環になるので、免疫力も下がる原因です。

疲れを回復させようとして睡眠をとるものの、眠っても疲労感がスッキリとしないまま、もっと体内に疲労が蓄積をします。疲れがたまったまままで行動を起こすと、今度は昼間活躍をする交感神経が常に優位になります。夜までこの状態では緊張感は持続をして、リラックスをすることはできません。

そこで整体を受けて体のコリも疲労もリセットしようとしますが、適度な刺激を受けることで今度は、体が良い反応を示します。不調のアンバランスな状態から、正常なバランスに戻ろうとするときに、一時的に好転反応が起こります。好転反応が起きた時には、体を温めて質のよい睡眠をとることです。