ありがたい整体の施術の進め方

整体だけではなく様々な治療や診療で気になるのはどれだけの期間診療を受けるかと言うことです。

特に整体に関しては手術などを施すわけではないのでどれだけの期間、整体の先生のアドバイスを受けながら場合によっては自宅で柔軟や体操などをこなしながら共生していくかをポイントにしていくことになります。

ですから実際に自分自身の症状を問診をしながら聞いていただき、先生の手で体を確認してもらった上でどの程度通うべきなのか、整体の先生の判断を仰ぎたいというのが正直なところです。

特に忙しいビジネスマンであれば、長期間通うことが難しいので、整体の通院だけではなく、合間合間の自宅での対応や定期的なチェックによって対応できれば良いというのが正直なところです。

ですから実際に施術を行う前にいわゆるインフォームド・コンセントではありませんが問診を行いどの程度の期間通うかどうかと言うところもしっかり整体の先生と意識を合わせておきたいところです。

必要性が増す整体!

整体の重要性については、取り立てて説明するまでもないでしょう。

ありとあらゆる身体の不調や違和感などについて、その症状を把握することはもとより、症状の改善や痛みの緩和などに向けた施術を行います。

仕事や勉強、育児など何かと忙しい現代人にとって、なくてはならない存在といえるのではないでしょうか。

実際に整体を受けるために整体院や整体施設などを訪れる人は増加しています。特筆すべきはその年齢であり、シニア世代はもとより、中高年や若手にも広がりを見せています。

加齢に伴う筋力の低下がみられるシニアのみならず、まだまだ若いサラリーマンなどが整体を必要とするのはなぜなのでしょうか。

整体師に求められるのは、ただ単に手技やマッサージを駆使して、身体を治すだけでなく、根本的治癒に努める必要があります。


首都圏の駅前や繁華街などには、整体やマッサージなどを提供する施設や整体院などが多数あります。それだけニーズが拡大していることを物語っています。